タートルズの秘密

投資本

『タートルズの秘密 - 最後に勝つ長期トレンド・フォロー型売買』ラッセル・サンズ

更新日:

本の内容

単純なタートルズ・ブレイクアウト・システム

マーケットが過去20日間(チャート上の20本の足)の最高値(最安値)を取ったら、新規に買う(新規に売る)。

マーケットが自分の建玉に逆行して過去10日間(10本の足)の最安値(最高値)を取ったら、その玉を仕切る。

 

建玉後、もしマーケットが逆行して引かされたなら、資金の2%を仕切りポイントとして用いて損切りしなさい。

利益目標を置いてはいけない。利が乗った建玉を手仕舞う唯一の方法は、マーケットが逆行したときだけ。

 

タートルズのトレード手法

3分の1がテクニカル分析、3分の1がマーケットの心理学、そして3分の1がマネー・マネジメントであったと人々に話してきた。

この数式は少し修正される必要があると思う。

 

タートルズのトレード手法は、4分の1がテクニカル分析、4分の1がマーケットの心理学、4分の1がマネー・マネジメント、そして4分の1がこれらの3つをどうまとめるかである。

 

P/Lフィルター

P/Lフィルターとは、あるマーケットで大きな(利益機会の豊富な)トレンドの直後に現れるブレイクアウトの“だまし”を避けるために利用するフィルターである。

素晴らしいトレンドが現れた後には操み合いの動きが続くと考えられるため、次に現れるブレイクアウトは無視するということである。

 

P/Lフィルターを使用した結果、より多くの利益を上げることに成功しているということだ。

 

しかし、前述した結果とは比較にならないほど重要なことがある。

同額の利益を実現するために必要なトレード数は、P/Lフィルターを利用する方が圧倒的に少なくなる、ということである。

 

タートル・トレーディングの実践

タートル・トレーディングを実践する上で最も大変なことは、このような巨大なトレンドが現れるまで待ち続けることだ。

なぜなら、そういった巨大なトレンドによって、その年の利益の大部分を実現することになるから。

 

幸運にも、マーケットで一貫して稼ぐために、将来を予測する能力は必要ない。

リチャード・デニスとウイリアム・エックハートが、私たちに「予言するのではない、対応するのだ」と諭したのは、完全に正しかった。

 

トレンドフォロー派であることに加え、恐らくタートル式売買法で唯一最も重要な概念とは、「分散化」である。

 

重要なのは、価値ある情報を学んだ人間の数と、学んだ手法を実際に正しく運用している人間の数とは全く別の話だということだ。

ラリー・ウイリアムズは、かつてかなり難しいシステムに関するマニュアルを100人に売り、その1年後に購入者の状況を調べてみたところ、当初意図された通りに実際にシステムを運用していたのはたった3人に過ぎなかったという。

 

マネー・マネジメント

トレード・ケームやその他の金融投機ケームを勝ち残るために必要な術のすべては、マネー・マネジメントを理解することにある。

 

マネー・マネジメントのルールが乏しければ、どんなに優れたシステムであっても必ずや立ち行かなくなる。

逆に、そこそこのシステムであっても、マネー・マネジメントさえしっかりしていれば、勝ち残る可能性は十分あるのだ。

 

マーケットがブレイクアウトしようとしているときでも、建てる玉は電車賃サイズだ。

もし私に有利にマーケットが動き、トレンド形成がはっきりしてくれば、玉を建て増していく。

あるブローカーが以前私に言ったように、最初のトレードのリスクが最も高い可能性がある。

 

面白かったポイント

前半は、タートルズの手法について解説されており、エッセンスを理解することができます。

 

後半は、「タートルトーク」というニュースレターも4年分掲載されています。

その中には、売買の仕掛けや手仕舞いについて詳細に解説されています。

投資システムに役立ちそうなアイデアがいくつもあり、投資ルールの参考になります。

 

ちなみに、満足度には書籍の価格は考慮に入れていません。

投資家としては、情報の質のみで判断しなければいけないと思うからです。

しかし、普通の感覚だとこの値段は本としては高すぎますが。。

 

満足感を五段階評価

☆☆☆☆

 

 

目次

1 基本
トレンドフォローとは何か?
なぜトレンドフォローがうまく機能するのか?
誰が未来を予測できるというのか?
予言しようとするのではなく、変化に対応できるようになりなさい
基本に戻れ
目を覚まして、コーヒーの香りをかごう!
価格は常に正しい
損切りは早く、利食いはじっくり
「ブタになるには勇気を必要とする」
利食いを急ぐな
他の手法における問題点
支持線(サポート)と抵抗線(レジスタンス)
カウンタートレンド(逆張り)手法の研究結果
トレンドフォローが将来にわたって機能し続ける理由
トレンドに関する素晴らしい討論
困難なことを行う
禅のような先物トレード(全身全霊による努力)
禅のようなトレード(コントラリアンになる方法)
トレンドと操み合い:マーケットを構成する本質
トレード・テクニック(チャートの構造)
合成インディケーター
単純なタートルズ・ブレイクアウト・システム ほか
2 ニュースレター
タートル・トーク1993年
タートル・トーク1994年
タートル・トーク1995年
タートル・トーク1996年

-投資本

Copyright© 副業投資家 , 2019 All Rights Reserved.