ウォール街で勝つ法則

投資本

『ウォール街で勝つ法則 - 株式投資で最高の収益を上げるために』ジェームズ・P・オショーネシー

更新日:

本の内容

過去45年にわたる市場のデータを駆使して、様々な投資戦略が株式市場でどのように機能しているか明らかにしています。

数量的分析の先駆者であり、財務分析の権威でもあるジェームズ・P・オショーネシーのベストセラーである。

ウォール街の伝説的先達ベンジャミン・グレアムの名著に匹敵すると評判。

 

面白かったポイント

金持ち父さんの中で推薦されていたので購入しました。

 

PER、EPSなどの投資指標を一通り学ぶことができますし、指標ごとのパフォーマンスが整理されていますので、どの指標を使うべきではないということが理解できるので、間違った銘柄選択を避けられるのが大きなメリットです。

私のこれまでの投資方法は何か本や雑誌、メールで取り上げられていた銘柄に投資していましたが、間違っていたことに気づきました。

 

本の値段が高いなと感じると思いますが、市場に勝つ法則・投資戦略を学ぶことができるので、一読の価値があると思います。

私はこの本の勉強を通じて、投資家としての基礎ができたと思っています。

 

満足感を五段階評価

☆☆☆☆☆

 

 

目次

第1章 株式投資戦略――手法はさまざまでもゴールは同じ
第2章 頼りにならない専門家――優れたパフォーマンス達成への障害
第3章 ゲームの規則
第4章 時価総額によるランク付け――企業規模の問題
第5章 PER(株価収益率)――勝者と敗者を分けるカギ
第6章 PBR(株価純資産倍率)――株価評価の優れた尺度
第7章 PCFR(株価キャッシュフロー倍率)――キャッシュで株価を評価する
第8章 PSR(株価売上倍率)――バリューファクターの王様
第9章 配当利回り――配当収入を狙う
第10章 バリューファクターの価値
第11章 EPSの年間変化率――利益成長と高パフォーマンスは連動するか
第12章 5年間におけるEPS変化率
第13章 利益率――投資家は企業収益から利益を得られるか
第14章 ROE(株主資本利益率)
第15章 RPS(レラティブ・プライス・ストレングス)――勝者は勝ち続ける
第16章 複数の要因を併用してパフォーマンスを高める
第17章 2つの要因に基づく全銘柄のためのバリューモデル
第18章 主力銘柄のなかからバリュー株を探し出す――基本のバリュー投資戦略
第19章 基本のグロース投資戦略を探し求めて
第20章 戦略を組み合わせてリスク調整済みパフォーマンスを最大化する
第21章 投資戦略をランクづけする
第22章 株式投資から最大の利益を得るには

-投資本

Copyright© 副業投資家 , 2019 All Rights Reserved.