FX講座

FXトレードの必修科目!為替相場の流れをとらえるチャートの読み方

更新日:

チャートとは?

因みに為替相場を予想する方法は大きく分けて二つあります。

1つは、チャートを利用する方法です。

もう1つはファンダメンタルと呼ばれるもので、国や企業の経済的な条件を参考にして投資をする方法です。

 

FXトレードをするときはこの二つのどちらか、あるいは両方を使って予想していくわけです。

 

さて、チャートと一口に言っても、いくつかの種類があります。

それは為替相場を図式化する期間によって、一日の動きを示すチャートもあれば、一週間の動き、さらには一ヶ月の動きや、一年単位の動きなど、いろんな単位があるのです。

 

FXトレードの際、どのチャートを利用するかはトレーダーそれぞれによって異なります。

但し、トレードのスタイルによって大まかな目安はあります。

 

例えば、その日に購入したポジションをその日のうちに売り払う、いわゆるデイトレードの場合は利用するチャートも一日の動きを示すものなど、短期的なものになるでしょう。

それに対して、長期投資の場合は一年単位のチャートなど長期にわたる為替相場の動向を参考に投資することになります。

FXトレードは、いろいろな通貨ペアを組み合わせると、どんなトレンドの時も儲けることができるので、資金効率が非常に良くなります。

 

FXチャート分析では必須のローソク足の見方とは?

チャートの基本中の基本であるローソク足。

ローソク足は形がローソクに似ていることから名付けられました。

 

下の図のように始値・終値・高値・安値の4つの値段から構成されていて、終値が始値に比べて高く取引を終えたらローソクの柱の部分が「白」、低く終えたら柱が「黒」で表現されます。

 

ローソク足

 

1本で1日の値動きを表すものを「日足」、1週間の値動きを表すものを「週足」といいます。

 

週足は1週間の最初の日(多くは月曜日)の始値とその週の最高値、その週の最安値、そして1週間の最後の営業日(金曜日)の終値をもとにローソク足が作られます。

月足は月初の営業日の始値と、その月内の最高値、その月内の最安値、それに月末営業日の終値がもとになります。

 

日々の動きを見るなら日足チャート、もう少し大きな流れを捉えるときには週足チャートが向いています。

どのチャートを使えばいいかは投資スタイルによります。

 

ローソク足の形の基本パターン

柱の長さとヒゲの組み合わせによって、9つのパターンがあります。

 

大陽線・・・先行きはかなり明るい

大陰線・・・先行きはかなり暗い

小陽線・・・先行きはやや明るい。悩みぎみ

小陰線・・・先行きはやや暗い。悩みぎみ

寄付同時線・・・方向転換の可能性。悩んでいる状態

下ヒゲ陽線・・・先行きは明るい

下ヒゲ陰線・・・先行きはやや暗い。だが少し明るい

上ヒゲ陽線・・・先行きはやや明るい。だが少し暗い

上ヒゲ陰線・・・先行きは暗い

 

ローソク足の基本パターン

 

ローソク足から価格形成の背景を探る

たとえば、前日の終値が1ドル100円だったレートが、10円円安になって110円になった場合、前日比10円高が形成されるパターンとしていろいろ考えられます。

 

パターン1

寄付は前日よりも円高の90円だったが、ザラ場で円安になり110円になったケース

100円→90円→110円

 

パターン2

寄付は前日より20円円安の120円だったのが、ザラ場で円高になり110円で引けたケース

100円→120円→110円

 

パターン3

寄付は前日よりも円高の95円だったのが、ザラ場で大幅に円安の130円まで行ったものの、最終的には110円で落ち着いたケース

100円→95円→130円→110円

 

このように、同じ10円の円安でも、明日の展開への印象が大きく変わります。

短期で売買する投資スタイルであれば売買判断のヒントにはなりますね。

 

ローソク足を解釈するポイント

陽線と陰線で相場の明るさを見る

ローソク足の良いところは、為替レートの上昇や下落を視覚的に捉えることができるところですね。

 

たとえば、始値よりも終値が大幅に円安になった場合、長い陽線が描かれます。

これは為替レートの勢いがすごく強いということを示しています。

同じ陽線でも短い陽線だと、弱くはないという程度でやや積極性は薄らぎます。

 

逆に柱の部分が大きい大陰線は大幅な円高になったことを示します。

このように相場を随時見ていなくても、ローソク足の形を見ただけで、どんな状況が展開された末にこの終値になったのか推測できます。

 

ヒゲで相場の明るさの度合いを見る

陽線と陰線の区別に加えて、ローソク足では高値と安値をヒゲで示しています。

これによって、為替レートの終値に至るまでの動きをも推測することが可能になります。

 

たとえば、陽線でも柱が短くて上ヒゲが長い上ヒゲ陽線の場合、レートが上がるには上がったが、高値から大きく戻されたという意味になります。

これは陽線であってもそれほど楽観的には考えられないでしょう。

 

逆に陰線でも、下ヒゲが長く柱が小さい下ヒゲ陰線は大幅な下げを相場の中で押し返したので、それほど暗いものではなくなります。

実際、為替レートが天井を打つときに陽線でも長い上ヒゲがついていたり、大底を打つときには、長い下ヒゲ陰線が出現することがしばしば見られます。

 

ローソク足から見る売買ポイント

高値圏での長い陰線は下落サイン

高値で寄り付いていたものの、売り注文が出て大きく値を下げて終了したということになります。

これ以上上昇するのが難しいということを示しています。

 

安値圏での長い陽線は上昇サイン

逆に安値圏で長い陽線が出たときは、これ以上下がらないということを示しています。

 

高値圏での長い上ひげは下落サイン

上昇が続いた後に高値圏で長い上ひげが出た場合、一度、高値をつけた後、売り注文が入ってレートを押し下げたことを示しています。

天井を打った可能性があります。

 

安値圏での長い下ひげは上昇サイン

下落が続いた末に長い下ひげが出るということは、一時的に大きく安値を付けたものの、その後に買いが入って安値が続かなかったことを示しており、上昇転換する可能性があるのではないかと予想できます。

 

安値圏での十字線は上昇サイン、高値圏での十字線は下落サイン

十字線とは上ひげ、下ひげの長さが同じくらい、また、始値と終値が同じくらい、つまりあまり値動きが無い場合のことを言います。

その時、ローソク表記は十字のようになることから来ています。

 

これは為替レートがどちらへいくか決めかねている様子を示しています。

上昇や下落の後に十字線が出ると、今までの値動きのパターンが止まったことを示しています。

 

トレンドラインはFXチャートの流れを捉える重要ツール

チャートの中の上昇、下降の大きな流れがトレンドというものです。

 

トレンドラインは、トレンドに沿って引いたラインのことで、基本的には自分で引くものです。

トレンドラインは自分で引く必要があるため、100人いれば100通りの引き方があります。

 

トレンドラインは上昇トレンドの時は安値と安値を結び、下降トレンドの時は高値と高値を結びます。

これは、時間経過に対する価格の変化度合いを示します。

つまり、トレンドラインの傾きはレートの上昇や下落の速度を表しています。

 

トレンドラインはあくまで期間ごと(日、週、月)の相場の流れを大きく捉えるものと考えて使用するのが良いと思います。

中長期の相場の流れを読むためのチャートです。

 

トレンドラインには、サポートラインとレジスタンスラインの2種類があります。

 

サポートライン(下値支持線)

上昇トレンド時の安値と安値を結んだ線をいい、為替レートの下落が止まるラインになることが多い。

 

「前につけた安値」の水準を支持線(サポート)と呼びます。

支持線を割り込んだ(ブレイク)ら「売る力」が勝ったことになります。

 

また、ブレイクした後の過去のサポートライン(支持線)がレジスタンス(抵抗線)になったりします。

 

レジスタンスライン(上値抵抗線)

下落トレンドの時の高値と高値を結んだ線をいい、為替レートの上昇が止まるラインになることが多いです。

 

レジスタンスラインを打ち破ったら(ブレイクしたら)「買う力」が勝ったことになります。

その力は、その先さらに上昇していく上でもプラスになる可能性を示しています。

 

「前につけた高値」というのは、そこまで為替レートが上昇したら下落に転じたポイントを示します。

つまり、その地点にはそれまでの上昇に抵抗し、阻止する力が存在したということです。

この過去につけた高値の水準はレジスタンス(抵抗)と呼ばれます。

 

トレンドライン

 

「サポートとレジスタンスのラインの引き方としては突出した高値または安値を結ぶのではなく、むしろ揉み合いの状況を呈しているゾーンの外縁部を通るように引く方がより正確です。

日足チャートにおいて上方へのブレイクアウトをとらえるタイミングとしては、週足チャートにおいて新たなトレンドができつつあることが示唆されたときが最適です」

(書籍「投資苑」より)

 

トレンドラインから見るFX売買のポイント

  • 為替レートがレジスタンスラインを突破したら上昇トレンドのサイン
  • 為替レートがサポートラインを割込んだら下落トレンドのサイン

 

トレンドラインから見る売買ポイント

 

上昇トレンドの場合

為替レートがいったん下げに転じた時に、どこで下げ止まるかを見極めることが重要になります。

以下の2つの展開を判断することが重要です。

 

ケース1

下落している為替レートがサポートラインより上か、サポートラインの近辺で反転する動きの場合、次の判断するポイントは「前につけた高値」を抜けるかどうかになります。

ここを抜ければ上昇トレンド継続と判断することができます。

 

ケース2

下落している為替レートがサポートラインを下回った場合、次の判断するポイントは「前につけた安値」をより上で下げ止まるかどうかになります。

ここを下回れば上昇トレンドが反転した可能性が出てきます。

 

下落トレンドの場合

為替レートがいったんは上昇しても、どこで上げ止まるか、頭打ちになるかを見極めることが重要になります。

 

ケース1

上昇している為替レートがレジスタンスラインより下か、レジスタンスラインの近辺で反転する動きの場合、次の判断するポイントは「前につけた安値」を抜けるかどうかになります。

ここを抜ければ下落トレンド継続と判断することができます。

 

ケース2

下落している為替レートがレジスタンスラインを上回った場合、次の判断するポイントは「前につけた高値」をより下で頭打ちになるかどうかになります。

ここを上回れば下落トレンドが上昇トレンドに反転した可能性が出てきます。

 

押し目買いと戻り売り

押し目買いとは、上昇した為替レートがいったん下がり、前の安値を下回らないで再上昇した(押しを入れた)ところを狙うものです。

 

上昇トレンドが崩れていないことが前提です。

継続中のトレンドに途中から乗るのに役立つシグナルになります。

押し目買いをした後は「前につけた高値を抜けるかどうか」が次の注目点になります。

 

これをクリアすればトレンド継続のシグナルなのでそのまま買い持ちを継続します。

前の高値を抜けないようなら、そこでいったん手仕舞うという売買シナリオが考えられます。

 

一方、下落トレンドの場合は、いったん為替レートが上昇しても上値が前の高値に及ばず、また下落に転じたところが戻り売りのシグナルです。

 

このように、トレンドラインを使ってトレンドに乗れたときは大きく利益を得ることができるのが強みですが、ダマシサインが多く、売買サインとしては信頼性が低いですね。

トレンドラインは中長期の相場の流れを読むチャートして活用し、売買サインは別のテクニカルチャートを使用するのが良いかと思います。

 

移動平均線で為替レートの方向性を探ります

移動平均線はトレンド型のテクニカル指標の代表格で、相場の方向を探るものとして活用される指標です。

 

一定期間の終値の平均値を算出したもので、それを結んだものが移動平均線と呼ばれます。

移動平均線はテクニカルチャートの基礎中の基礎です。

 

例えば10/30の5日間移動平均は、

(26日の終値+27日の終値+28日の終値+29日の終値+30日の終値)÷5

という風に求めます。

 

翌日も過去5日分の平均をとることになるので、一番古い為替レートが除外されて最新の1日分の為替レートが加算されます。

 

これは買った人の平均コストを示しています。

為替レートはこの平均線に収束する習性があるそうです。

 

つまり、この線よりも為替レートが上に離れている場合は上がりすぎ(平均コストを上回っている)、下に離れている場合は下がりすぎ(平均コストよりも下回っている)という目安に使います。

この移動平均線もまた為替レートのトレンドを示す線といえます。

 

為替レートが右肩上がりのトレンドであれば、移動平均線の値の方が為替レートよりも安くなりますから移動平均線は為替レートの推移の下に位置します。

さらに移動平均線が右肩上がりになっていれば、為替レートは上昇トレンドにあると考えられます。

 

逆に、為替レートが下落トレンドであれば移動平均線のほうが為替レートよりも高くなります。

移動平均線が為替レートよりも上に位置していて、右肩下がりに推移していれば為替レートは下落トレンドにあると考えられます。

また、為替レートのもみ合い状態が続いていれば、移動平均線も横ばいの動きになります。

 

移動平均線の見方の基本

為替レートと移動平均線との位置関係

為替レートが移動平均線を上または下に突き抜けると為替レートと移動平均線が交差する「クロス」が発生します。

しかし、クロスしたからといって、トレンドが転換したとは断定できません。

 

為替レートと移動平均線の逆転した位置関係がクロス後も維持されていないといけません。

例えば、下落トレンドで移動平均線より下にあった為替レートが移動平均線を上抜け(クロス)したものの、すぐに再び為替レートが下抜け(クロス)してしまえば上昇トレンドに転換したとは言えません。

 

移動平均は平均をとっている分だけ実際の為替レートの動きよりも遅れる格好になります。

そのため、ダマシに引っ掛からずに大きなトレンドだけを捉えることが可能になります。

 

しかし、売買サインが出遅れるという弱点があります。

そのために売買時期はそれだけ遅くなってきます。

 

悪くすれば、「為替レートが高値にあるときに買いシグナルがようやくでる」「為替レートが安値の時に売りシグナルが出る」ということになってしまいます。

売買シグナルとしては使用しないようにし、トレンドを捉えるための前提条件として活用することが重要です。

 

移動平均の期間

平均をとる期間は様々で、たとえば、5日間の為替レートの平均をとったものは5日移動平均、25日ならば25日移動平均になります。

移動平均線には平均を取る期間によってシグナルの出方が異なってきます。

 

それでは、どの期間の移動平均で判断したらよいのか?

ということですが、まず平均する期間が短い方が移動平均線の動きと為替レートの動きが近くなります。

 

そのために為替レートのちょっとした変動により移動平均線とクロスするためシグナルが出やすくなります。

 

逆に期間を長くすると為替レートの動きより遅れて動きます。

なので、なかなかシグナルが出ません。

 

短期的なスタンスで頻繁に売買を繰り返したい場合は、短い移動平均線を活用し、じっくりと大きなトレンドを狙いたい場合は、長めの移動平均線を活用するというのが基本になります。

 

期間の選び方は投資スタイルによって異なりますが、無視したい値幅の調整の多くが移動平均線の上方にあるように位置させて、若干ながら期間や値幅が大きくなったものは、移動平均線を下に抜けるが、移動平均線の向きは変化しないことが多いというものを選ぶ。

振れ幅の許容範囲を広げたときは、急激な下げに対処する方法を必ず用意しておかなければなりません。

 

移動平均線から見る売買ポイント

まずはトレンドを確認します。

移動平均線が上向きで為替レートが移動平均線より上にあるときは上昇トレンド

移動平均線が下向きで為替レートが移動平均線より下にあるときは下降トレンド

 

売買サインとしてゴールデンクロスとデッドクロスがあります。

ゴールデンクロスとは、短期間の移動平均線が長期間の平均線を上抜いていくことをいい、上昇トレンドに転換していくサインとなります。

デッドクロスとは、短期間の移動平均線が長期間の平均線を下抜いていくことをいい、下降トレンドに転換するサインとなります。

 

上昇相場のプロセスにおける為替レートと短期・長期の移動平均線の関係

1.為替レートが短期の移動平均線を上に抜ける

2.次に為替レートが長期の移動平均線を上に抜ける

3.短期の移動平均線が長期の移動平均線を上に抜ける

 

ゴールデンクロスは、この流れの中で3番目でサインが出るので、それだけ対応が遅くなってしまいます。

別の見方をすれば、慎重な売買サインとなるのでダマシに引っ掛かることなく、大きなトレンドを捉えるが可能になります。

 

しかし、大きなトレンドというのは頻繁に発生するものではないので、なかなかシグナルが出ないといった側面もあります。

 

移動平均線から見る売買ポイント

 

グランビルの8法則

移動平均線を用いたテクニカル分析の手法で、ジョセフ・グランビルが1960年代に提唱しました。

これは為替レートと移動平均線の位置関係を分析した手法で、システムに組み込める有益なルールもあるので、ご紹介します。

 

法則1 下がってきた移動平均線が横ばいになるか、上昇したところで為替レートが平均線を上に抜けていく

⇒下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示唆するシグナル

 

法則2 上昇してきた移動平均線が横ばいになるか、下降してきたところで、為替レートが平均線を下に抜けていく

⇒上昇トレンドから下降トレンドへの転換を示唆するシグナル

 

法則3 移動平均線が上昇基調にある途中で、為替レートが移動平均線の方向に向かって下げたものの、移動平均線とクロスせずに再上昇に転じる

⇒上昇トレンドの途中にあることを前提とした押し目買いのシグナル

 

法則4 移動平均線が下落基調にある途中で、為替レートが移動平均線の方向に向かって上げたものの、移動平均線とクロスせずに再下落に転じる

⇒下落トレンドの途中にあることを前提とした戻り売りのシグナル

 

法則5 移動平均線が上昇基調にある途中で、為替レートが移動平均線の方向に向かって下がって平均線とクロスし、いったんは為替レートが下に出たものの、すぐに為替レートが再上昇して平均線の上に出る

⇒上昇トレンドの途中にあることを前提とした押し目買いのシグナル

 

法則6 移動平均線が下落基調にある途中で、為替レートが移動平均線の方向に向かって上がって平均線とクロスし、いったんは為替レートが上に出たものの、すぐに為替レートが再下落して平均線の下に出る

⇒下落トレンドの途中にあることを前提とした戻り売りのシグナル

 

法則7 為替レート、移動平均線ともに上昇基調にある途中で、為替レートが急上昇して移動平均線との乖離が著しく拡大する

⇒相場の行き過ぎを示すシグナルで短期的には「売り」

 

法則8 為替レート、移動平均線ともに下落基調にある途中で、為替レートが急落して移動平均線との乖離が著しく拡大する

⇒相場の売られすぎを示すシグナルで短期的には「買い」

 

グランビルの8法則

-FX講座

Copyright© 副業投資家 , 2019 All Rights Reserved.