FXテクニカルチャート

FX講座

FXトレードでテクニカルチャートをどう使えばいいのか?

更新日:

チャートの読み方をマスターしたら、次はテクニカルチャートを使って分析です。

 

テクニカルチャートとは、為替レートを加工した指標のことで、為替レートのトレンドや転換点を教えてくれます。

 

FXは、毎日為替動向をチェックしなければいけませんので、テクニカルチャートは必須です。

テクニカルチャートには大きく分けて「トレンド系」と「オシレーター系」の指標があります。

 

トレンド系指標

為替レートの上昇トレンド、下降トレンドを示してくれます。

得意な場面は「下降⇒振れ幅が小さくて緩やかな上昇⇒急上昇」という局面です。

 

しかし、振れ幅が大きいと売買サインが遅れて出る傾向があり、急下落した場合はサインが遅く、大きな損につながる可能性があります。

その場合は、サポートラインを割れたところで手仕舞うこと。

 

保合い中は、非常に多くのダマシが発生するので、オシレーター系の指標と組み合わせる、保ち合いレンジの下限を割れたら必ず手仕舞う、などの対策が必要になります。

 

代表的なトレンド系チャートはボリンジャーバンドがあります。

 

オシレーター系指標

為替レートの上昇と下降の振れ幅を捉えて、下限に来たら買い、上限に来たら売りを繰り返し、稼ぐ方法です。

振れ幅が小さい場合はサインが出ません。

 

為替レートが一本調子の時、つまりトレンドが形成された時や、一本調子の上昇から一本調子の下落への変化に弱いです。

 

代表的なオシレーター系チャートは、MACD、ストキャスティクス、DMI、RSIがあります。

 

テクニカルチャート2

 

テクニカルチャートは万能ではない

注意しなければいけない点は、テクニカルチャートは万能ではなく、チャートによって得意不得意の場面があるので、理解して買いと売りサインを見極めないと「ダマシ」に引っ掛かることになります。

 

そのため、売買サインの精度を高めるにはチャートを組み合わせることが有効です。

つまり、1つのチャートでは成功する確率が低い相場の時、もう一方のチャートが成功確率が低い売買サインを除外してくれます。

 

また、値幅の大きな調整を許容しないこと。

調整局面であっても、きちんと「売りサイン」が出るようにしておくこと。

勝ち続けるためには「損失を我慢しない」が重要です。

 

本格的な上昇局面は「初期段階」「中期段階」「最終段階」を経ます。

上昇の勢いは「初期段階」と「最終段階」で最も強くなります。

「中期段階」ではほとんど下げないで一本調子に上げていきます。

オシレーター系指標は勢いの強くなる上昇の初期と後期に高水準をつけます。

 

FXトレードでMACDは使えるの?

MACDはオシレーター系指標です。

訳すと移動平均収束拡散法です(覚えなくてもいいですが。。)。

一般的にトレンドの転換やトレンドの勢いを見るために役立つ順張り指標として機能します。

 

特殊加工した移動平均を12日と26日の期間計算をし、それをさらに加工して作った指標がMACDです。

また、MACDの移動平均を計算したシグナルという指標も使います。

仕組みは複雑ですが、使い方は非常に簡単です。

 

MACDの計算期間は、短い期間に12日の指数平滑平均、長い期間に26日の指数平滑平均、シグナルは9日の指数平滑平均がよく使われています。

ポイントは、基準となる長い方の期間をあまり長くしすぎないことですが、日数の違いによるパフォーマンスの検証はやっていませんが、よく使われている日数を使えばいいと思います。

 

MACDの売買ポイントは、ゴールデンクロスとデッドクロス

  • ゴールデンクロスとは、MACDがシグナルを上抜けしたら、上昇トレンドのサイン
  • デッドクロスとは、MACDがシグナルを下抜けしたら、下落トレンドのサイン

 

上の図は、紫線がMACD(12日-26日)、緑線がシグナル(9日)になります。

ゴールデンクロスで買いを入れ、デッドクロスで売りを入れておけば、利益を確定しながら売買できます。

このように、売買ポイントを見つけるのに強い味方になってくれます。

 

しかし、MACDにもダマシがあり、MACDひとつの指標だけで判断すると間違います。

MACDは、もみ合いに弱い、じり高とじり下げはダマシが多い、急激な変化に弱い、反応に遅い、という弱点があるのですが、MACDの売買サインのダマシを減らす方法がありますので、売買ルールに取り入れることをおすすめします。

 

MACDを使った売買ルール

1.一定の水準以下(0.5)の位置で出た買いサインだけを信用

2.一定の水準以上の位置で出た売りサイン(デッドクロス)だけを信用

3.0ラインは重要。0ライン近辺のゴールデンクロス、0ライン近辺の反転は強い

4.保ち合いの場合、サインが分からなければ日足を週足にして確認

5.移動平均線を併用。たとえば、買いサインが出たときは、合わせて移動平均線が上向きトレンドであることを確認

 

ボリンジャーバンドはFXトレードに使えるのか?

ボリンジャーバンド(BB)はトレンド系指標です。

 

ボリンジャーバンドは5本の線で表されます。

真ん中の移動平均線を挟むようにして、上下に「+σ」と「-σ」が引かれ、その外側にそれぞれの「σ」の値を2倍にした「+2σ」と「-2σ」が引かれます。

 

σはギリシャ文字のシグマで、標準偏差を意味します。

一般的に、+σから-σに価格が収まる確率は68%、+2σから-2σに価格が収まる確率は95%とされています。

 

為替レートがこのバンドの一番端の線から外に出る確率は5%しかありません。

ということは、このバンドの一番下の線にくっついたら買いで、一番上の線まで上昇したら売りという戦略でいけそうですが、そんなに簡単ではなさそうです。

 

為替レートがボリンジャーバンドの下限に到達したら、為替レートはそのままボリンジャーバンドとともに下がってしまうケースも多いからです。

為替レートに勢いが強くなると、レンジ上限・下限にすぐに到達して、ラインに張り付いた動きになってしまうこともあるので、判断が難しいです。

 

ボリンジャーバンドから見る売買ポイント

  • ボリンジャーバンドが上向きの時や横向きの時に、為替レートがバンドの下限にタッチしてくるとリバウンドする可能性が高いので、上昇トレンドのサイン
  • 為替レートがバンドの上限にタッチしたとき、利益確定のサイン。バンドの上限が遠いときは移動平均線をメドに利食い

 

ストキャスティクスはテクニカルの中でFXで使いやすいと人気

ストキャスティクスは、テクニカル指標の中で分かりやすくて使いやすいと人気があるオシレーター系指標です。

 

これは為替の値動きから「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」という状態を数値化したもので、「逆張り系」指標になります。

逆張りとは、為替レートが下落しているときに買うトレード手法で、安いところで買うトレードです。

 

ストキャスティクスは0~100の範囲で数値が上下するような形で示されます。

その指標が上下する範囲の上のゾーン(一般的に80~85%)に入れば「買われ過ぎ」、下のゾーン(一般的に15~20%)に入れば「売られ過ぎ」と判断します。

 

逆張り系の問題は「売られ過ぎ」という判断で買ったら、さらに下落して損失を拡大する可能性もあるので、損切りポイントとしては使えません。

 

ということで、MACDなどの順張り系の指標と組み合わせてダマシを減らすことで、威力を発揮できます。

もうひとつの欠点としては、為替レートが一本調子で上昇・下落しているときにはつかみどころがありません。

 

スローストキャスティクス

ストキャスティクスには「Fast(%K)」「Slow(%D)」の2本の線があります。

 

%K=(当日終値-過去n日間最安値)÷(過去n日間最高値-過去n日間最安値)

%D=ストキャスティクス%Kのm日間の移動平均

 

このようにFastの直近にある一定期間の数値を平均したのがSlowとなります。

つまり、Fastの方が相場のトレンドに敏感に反応し、Slowは遅行して動きます。

 

スローストキャスティクスの売買ポイント

  • ゴールデンクロスとは、安値圏でFast(%K)がSlow(%D)を上に抜いたときが買いサイン
  • デッドクロスとは、高値圏でFast(%K)がSlow(%D)を下に抜いたときが売りサイン

 

テクニカルチャートRSIはFXトレードでどう使うのか?

RSIはオシレーター系指標です。

RSIを訳すと相対力指数。Relative Strength Indexです。

 

一般的に逆張り指標として機能します。

株価の反転地点をかなり正確に捉えることができるのが強みですが、売買サインが多すぎて注目すべき売買ポイントが分かりにくいのが弱点です。

 

RSIの概念

第1日目のRSI(%)={A÷(A+B)}×100
A:n日間の値上がり幅の平均
B:n日間の値下がり幅の平均
N:期間

 

売買サイン(タイミングシグナル)

  • 買い=30%以下が株価の反転上昇の目安
  • 売り=70%以上が株価の反転下落の目安

 

オシレーター系指標の計算期間はいろいろなものを使わずに、一般的によく知られている期間、12日を使うようにします。

 

DMIをFXトレードでどう活用するのか?

DMI(ディレクショナル・ムーブメント・インデックス)は、オシレーター系指標です。

 

名前の通り、為替レートの方向性やトレンドの強さを見る指標です。

DMIは4つの指標を使って為替レートのトレンドとトレンドの強さを見ます。

 

トレンドの指標として、PDIとMDIがあります。

DIはディレクショナル・インデックスの略で為替レートの方向性を意味します。

Pがプラスで上昇力、Mがマイナスの下落力を指します。

 

また、トレンドの強さとして、ADXとADXRがあります。

ADXはAverage Directional Movement Indexと言って、トレンドの強さを表します。

ADXRはADXの単純移動平均線です。

 

詳細な計算方法を理解するというよりは、どのような局面に活用するのかを理解することが重要です。

ロジックに興味のある方は、DMIで検索してみてください。

 

私はDMIを売買サインとして活用していませんが、ADXをフィルターとして活用できるのではないかと思います。

  • 上向きに変化した地点がトレンドの発生地点
  • 上向きの流れを形成している間はトレンドのある状態
  • 下向きに変化した地点がトレンドの終局地点
  • 下向きの推移している間はトレンドのない状態

 

たとえば、ADXの値が1週間前の数値より大きい場合は、トレンドが発生している状態と言えます。

この場合、ADXの絶対値はさほど重要ではありません。

 

また、手仕舞いのタイミングシグナルの目安として、ADXが高水準から反転下落した地点は、それまでのトレンドの勢いがなくなっていることを示しています。

この場合、買いポジションを持っている場合は、売りのタイミングとなります。

 

だいたい15%が勢いの最低水準。50%以上が勢いがつきすぎている状態だと言えます。

 

FXトレードにおいて乖離線・乖離率は使えるのか?

乖離線とは「終値-移動平均値」

乖離率とは{(終値÷移動平均線)-1}×100

 

仕掛けの元になる概念

乖離率は、移動平均線を中心とした場合の株価との距離を表しています。

 

「株価の長い期間の方向性に関係なく、レンジ上限、下限が株価反転のサイン」となる。

株価のサポートライン、レジスタンスラインになるように移動平均線が引いてある場合、乖離率は上昇時に0~レンジ上限で推移し、下落時に0~レンジ下限で推移します。

 

乖離率を有効活用するためには

移動平均線の期間は、25日に固定する。

比較的短期の流れに対して方向性を示し、大きな流れに対して一定の値幅を示す。

 

急激な場面と緩やかな場面での反転の目安を上下でそれぞれ2つずつ見つけられれば、状況に応じた株価の反転ポイントが見えてきます。

①プラスとマイナスがほぼ同じ幅で、反転の目安になっている回数が最も多い地点

⇒上昇トレンドの形成中の反落や、値幅の大きな調整時の押し目の目安になる

 

②その地点よりも離れていて、反転していることの比較的多い地点

⇒勢いの非常に強い場面での反転の目安になる

-FX講座

Copyright© 副業投資家 , 2019 All Rights Reserved.