FX講座

FX講座

【第4回】FXトレードをはじめる準備

更新日:

FXの基本的な基礎知識を学んで、もし副業はFXで稼ぐと決めたなら、トレードを始める準備をしましょう。

 

FXトレードを始める前に

トレードをしていると為替変動に応じて、精神状態も上がったり下がったり変動します。

これは人間なので、完全に無くすことはできません。

 

そんな精神状態の中でトレードをすると判断ミスを犯してしまうことも発生します。

100%完璧な判断をし続けることは不可能なので、しょうがないことなのです。

まず、この事実について受け入れることが大切です。

 

なので、生活費や住宅ローン用の資金をトレードに使うのはもってのほかです。

ただでさえ、トレード中は精神的にも感情的にも波が起こるので、それに加えて生活がかかっているとなると、ますます正しい判断ができなくなります。

結果的に人生設計を狂わしかねません。

 

お金の管理

FXトレードで生き残るためには、しっかりしたプランとお金の管理を身につけることが必要です。

 

  • 家計簿をつける
  • 節約する
  • 仕事を頑張る
  • 借金を返済する
  • 貯金を貯める

 

まず、家計簿をつける

トレードを始める前に、まず自分の資産総額を把握しましょう。

これは意外とできていない人が多いです。

自分の経済状態を管理できない人は、FXトレードを管理することはできません。

 

次に、節約する

すぐに結果が出て自分でコントロールできるのが節約です。

たとえば、100円の商品を95円で買えば、5%の利回りと同じです。

無駄な支出を減らして、投資に回し続けることが大切です。

 

そして、仕事を頑張る

会社に勤めていると、毎月の給料は確実に入ります。

これは会社勤めをしている最大のメリットで、精神的にかなり安定します。

 

もし、今仕事に追われていてトレードする時間がないのであれば、まずは仕事に関する知識やスキルを身につけることを優先しましょう。

仕事のスキルを身につけ、生産性を高めて投資に充てる時間をつくり出しましょう。

 

理想的なのは、

ある程度知識を経験を積んで、

社内的にもそれなりのポジションを得て、

全力を出さなくても、そこそこの結果を出しながら、

できるだけ自由な時間を作って、

投資の知識を身につけ、

実は副業でもしっかり稼いでいる、

という状態が、一番安定かつ自由なポジションだと考えています。

 

逆に一番ダメなのが、仕事に必要なスキルも不十分で結果を出していないのに、中途半端にトレードをかじって、本業に影響を与えることです。

トレードで負けるばかりか、本業にも支障をきたして給料が上がなくなるため、なにも残りません。

 

次に大切なのが、借金の返済です

35年などの長期にわたって住宅ローンを契約する人は多いです。

 

物件にもよりますが、今は低金利なのでその判断は間違っているとは言えませんが、借金を返せれば金利分のリターンを得たのと同じです。

これに勝る運用はありません。

 

最後に、貯金を貯める

トレードは儲かることもあれば、損をすることもあります。

いざというときの備えも必要です。

 

必要最低限の生活費を流動性の高い資産で、半年から2年分を貯めることをおすすめします。

同時に生活コストを無理のない範囲で見直して、できるだけ抑えることが大切です。

 

FXトレードをはじめる準備に必要なもの

必要なものは、以下の通りです。

  • 投資資金
  • FX口座
  • パソコン、スマホ
  • ネット環境
  • トレードツール

 

FXトレードに必要な資金

トレードに用意する資金は、大きければ大きいほうが有利です。

資金が大きいほうが、トレードを続けられる期間が長くなることは間違いないですし、チャンスの時に資金が足りないということはありません。

資金が大きくなればなるほど、トレードには有利なのです。

 

しかし、最初は自分の実力に見合った資金でトレードすることが大切です。

実力が不足しているのに、いきなり身の丈以上の資金をトレードすると一気に失う可能性もあるので、危険です。

 

おすすめの投資資金は、勝ったときにうれしい、失ったら少し痛いと感じる金額です。

そのくらいが、集中してトレードできる金額です。

 

負けたら寝込んでしまうほど、トレードに突っ込んではいけません。

逆にトレード金額が少なすぎると、失ってもいいという気軽さはありますが、その気持ちの甘さがトレードに現れて勝てないということもあります。

 

FXは少額でも始められることが魅力ですが、月に5万円から20万円を稼ぐには、トレード資金は30万円は欲しいです。

 

FX口座の選び方

FX業者はいろいろありますが、選ぶときのポイントについてまとめてみました。

  • スプレッド
  • トレード機能や操作性
  • 口座数
  • キャンペーン

 

スプレッドはFX業者に支払う手数料なので、狭ければ狭いほどいいです。

トレード回数が多いスキャルピングの手法でトレードする方は、この手数料がバカにならないので特に重視すべき項目です。

 

トレードの機能や操作性もチェックするべき項目です。

画面の見やすさや操作性は、トレードのしやすさに直結するので、新規注文や決済注文などの操作性をデモ口座で徹底的にチェックしておきましょう。

スマホで注文することが多い方は、スマホアプリをインストールしてチェックしましょう。

 

口座数もFX業者の信頼性を測る指標です。

口座数が多いということはそれだけ人気があるということですし、儲けが多ければトレードツールやアプリの改善に回す資金の量も増えるはずです。

そうなると、ますます口座数が増えるという好循環が生まれます。

 

キャンペーンはおまけです。

よくお得な口座開設キャンペーンを打っているFX業者がいるので、そのタイミングで入るのもおすすめです。

 

口座開設のステップ

  1. 口座開設の申請
  2. 身分証明書の送付
  3. ログイン、入金

最短1日で開設できるFX業者もあります。

 

何かのトラブルが起きてトレードできなくなる事態を防ぐために、国内のFX業者の口座を複数開設することをおすすめします。

 

チャートソフトMT4

FXトレードのチャートソフトといえば、「MT4」です。

これはトレーダーにとって必須のツールなので、ぜひ使いこなしておきましょう。

 

MT4の使い方は、慣れれば簡単なので、まずはインストールして触ってみてください。

分からなければ、ネットにいくらでも情報あるので調べてみましょう。

 

FXで稼ぐ良き相棒として、しっかり使い方をマスターしましょう。

 

MT4の設定

インディケーター

  • ローソク足
  • 水平線
  • EMA10、25、75
  • SMA200
  • RSI(9)

 

一番見るべきはローソク足です。

ローソク足の形をしっかり確認できるように、その他のインディケーターの表示は必要最低限にして、邪魔にならないようにしましょう。

 

インディケーターは多ければいい、より正確な判断ができるというものではありません。

シンプルに必要最低限が勝てるインディケーターの使い方です。

 

チャートは、稼ぐための宝地図のようなものです。

チャートの色は自由に設定できるので、見やすいように自分の好みの色に変更するのをおすすめします。

-FX講座

Copyright© 副業投資家 , 2019 All Rights Reserved.