FX講座

FX講座

【第16回】RSI(相対力指数)は代表的なオシレーター指標

更新日:

RSIは、代表的なオシレーター指標で、買われすぎ・売られすぎを示します。

RSIは一定期間の変動幅の中で今のレートがどの位置にいるのかを0%~100%で示しています。

RSIの計算期間は、12日、14日が一般的です。

 

70%以上で買われすぎ

30%以下で売られすぎ

を示しています。

 

RSIは、レンジ相場では信頼性は高いですが、トレンド相場では信頼性が低いです。

たとえば、為替レートが上昇していてRSIが買われすぎを示しているので売りを仕掛けた場合、トレンド相場だとRSIが買われすぎを示し続けているが為替レートがそのまま上昇します。

そうなると大きな損失を出すことになります。

 

RSI単独で相場を判断するのは危険なので、他のテクニカルチャートを組み合わせて判断することが必要です。

 

RSIのダイバージェンス

為替レートが新高値、新安値を付けているが、RSIが高値、安値を更新しない場合は、ダイバージェンスといってトレンド転換のシグナルになります。

-FX講座

Copyright© 副業投資家 , 2019 All Rights Reserved.