FX講座

FX講座

【第31回】トレードにおける感情コントロールの重要性

更新日:

せっかく勝てるトレードルールを作っても、ルール通りに実行できなければ意味がありません。

 

トレードしている時の感情

ルールを守れない原因は、自分自身の感情です。

人は、欲望と恐怖によってよくルールを破ります。

 

仕掛け

負けが続いているので、失敗が怖くて注文できない。

負けを取り返すためにとにかくトレードしたい。

 

損切り

負けが確定するのを認めたくないから、含み損を抱えているポジションを持ち続ける。

今は損が出ているけど、持ち続けたら回復するんじゃないかと期待する。

 

利食い

まだまだ上がるだろう。

せっかく含み益が出たのに、もし下がって含み益が減るのが嫌なので、利益を確定してしまおう。

 

資金管理

これまでも負けを一気に取り返すために、もっと多くの金額を投入

 

自分をコントロールすることを意識する

トレードでは、勝っても負けても淡々とトレードを続けないと最終的には勝てません。

それでも、勝っているときは欲が出て、負けているときは不安です。

 

トレードで大きく負けたからトレードするのが怖い、へこんでやる気がでないとなると判断が遅れます。

 

トレードは、負けてお金が減ることがあるのは当たり前という認識を持つこと。

人は、そして自分は感情に左右されるという意識を持つこと。

トレードに負ける原因は、自分自身にあることを認めること。

 

そして、マーケットはコントロールできないし、予測もできません。

しかし、自分自身はコントロールすることができます。

-FX講座

Copyright© 副業投資家 , 2019 All Rights Reserved.